2019-10

スポンサーリンク
ホテル

【マンダレー】安くてサービスが良い!ロイヤルヤダナーボンホテル宿泊記

できるだけ安く泊まれる場所を探していたところロイヤルヤダナーボンホテルを見つけました。この宿泊施設はホテルですが、ドミトリールームもある海外でよく見る形式のホテルで、もちろん私はドミトリーに宿泊しました。値段で選んだ割には想像以上にサービスが整っているホテルだったので快適に夜を過ごすことができました。
ミャンマー

【半日】地元の人が推薦するマンダレーで絶対に行くべき観光スポット5選

マンダレーという都市をみなさんはご存知でしょうか。マンダレーはミャンマー中部に位置するミャンマー第2の都市です。正直私はつい最近まで全く知らず、バガンへの行き方を調べているときに初めて知りました。初めはバガンへのゲートウェイとしての役割を果たしている都市だと思っていましたが、調べてみると思いのほか観光も楽しめそうな都市でした。
ギリシャ

アテネ国際空港完全ガイド〜入出国方法から設備までご紹介します。

トルコからアテネに移動しアテネ国際空港に着きました。空港内はブルーと白がメインカラーとして使われているため、個人的にはエーゲ海の情景を思い出し初めてのギリシャにワクワクしました。今回の記事ではアテネの空の玄関口であるアテネ国際空港について入出国の方法から空港内の設備までお届けいたします。
ミャンマー

最悪と噂されるミャンマー国鉄でマンダレーから世界遺産の街バガンまで行ってみた!

題名通り、私はミャンマーの国鉄に乗ってマンダレーからバガンに行きました。ミャンマーの国鉄はネットの口コミを見る限り最悪で正直どうなんだろうと思っていましたが、価格の安さには勝つことができず国鉄に乗ってしまいました。今回国鉄に乗ってみて色々と発見があったのでそれをお伝えできたらと思います。
ミャンマー

【バガンに行ってみよう】マンダレー・セントラル駅パーフェクトガイド

本日ご紹介するマンダレー・セントラル駅です。 行ってみて本当にびっくりしました。英語が本当に一切書かれていない。駅にそもそも外国人が一人もいない。今まで行った外国の駅の中で一番大変だったのがマンダレー・セントラル駅。不安な方はこの記事を見て自信を持ってマンダレー・セントラル駅に行きましょう。
トルコ

イスタンブール−アテネ ターキッシュエアラインズ ビジネスクラス搭乗記

8月のトルコ・ギリシア旅行時にイスタンブールからアテネに移動しました。その時に利用したのがターキッシュエアラインズのビジネスクラスです。ターキッシュエアラインズ ビジネスクラスの搭乗記は北京−イスタンブール間をすでに記事にしていますが、今回は短距離路線です。長距離路線と短距離路線との違いなどに触れつつイスタンブールからアテネまでの搭乗記をお届けします。
トルコ

イスタンブール空港 ターキッシュエアラインズ ビジネスラウンジ訪問記

8月のトルコ・ギリシア旅行時にトルコでの滞在を終え、アテネに向かう時に利用したのがターキッシュエアラインズのビジネスラウンジです。 ターキッシュエアラインズのビジネスラウンジは今まで利用したどのラウンジよりも素晴らしく、もはや航空会社ラウンジのレベルを超えていました。以下、ターキッシュエアラインズ ビジネスラウンジについてご紹介します。
トルコ

【世界遺産】イスタンブール歴史地区で絶対に訪れたい必見スポット5選

イスタンブールは数多くの見どころがあります。その中でも見逃せないのが世界遺産にも登録されている旧市街のイスタンブール歴史地区ではないでしょうか。今回の記事では、イスタンブール歴史地区でおすすめのスポット5つを厳選してご紹介します。
ミャンマー

【ガイド&空港⇔市内への行き方】マンダレー国際空港パーフェクトガイド

マンダレー国際空港はその名の通りマンダレーに位置する国際空港です。大体の方はマンダレーよりヤンゴンに行くと思うのであまり馴染みがないかもしれませんが、マンダレーはバガンへのゲートウェイとなっているため少なからず利用客はいます。マンダレーとバガンはミャンマーを代表する観光地であり、訪れることを検討している方も多いと思います。情報が少なくて敬遠してたり、そもそもマンダレー国際空港のことを知らない方が大半だと思われます。実際にマンダレー国際空港に関する情報はほとんどありません。てなわけで私が本日マンダレー国際空港を紹介したいと思います。
ミャンマー

バンコク⇄マンダレー エアアジアエコノミークラス搭乗記

エアアジアは日本にも就航している航空会社で、東京から各東南アジアへ就航しています。そんな中、まさかの東京発ではなくバンコク発マンダレー行きという、日本人で搭乗する人はほとんどいないだろうという路線に乗ってきました。実際に日本人の方はほとんどおらず、乗客の大半はミャンマー人とタイ人でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました