ジョン・F・ケネディ国際空港ターミナル1 ルフトハンザビジネスラウンジ訪問記

スポンサーリンク
ルフトハンザ入口 ラウンジ

こんばんは。オヤジです。

ニューヨークから日本への帰国の際にジョン・F・ケネディ国際空港ターミナル1にあるルフトハンザビジネスラウンジを利用しました。

ワンワールド所属のJAL便の利用にもかかわらず、スターアライアンス加盟のルフトハンザのラウンジを利用するという非常に珍しい体験をしました。

今回の記事では、ジョン・F・ケネディ国際空港ターミナル1 ルフトハンザビジネスラウンジの訪問記をお届けいたします。

ルフトハンザ ラウンジの利用条件

スターアライアンス加盟のルフトハンザ航空のラウンジですが、同じターミナル1を発着するためワンワールド加盟のJAL便でも下記の1〜6のいずれかの条件を満たせば利用することができます。

<JAL便ジョン・F・ケネディ国際空港ラウンジ利用条件>

  1. JALマイレージバンクのダイアモンドステータスと同行者1名
  2. JALマイレージバンクのサファイアステータスと同行者1名
  3. JGCプレミアム会員と同行者1名
  4. JGC(JALグローバルクラブ)と同行者1名
  5. ファーストクラス搭乗者と同行者1名
  6. ビジネスクラス搭乗者
  7. プレミアムエコノミークラス搭乗者
  8. エコノミークラス(Flex Y運賃)搭乗者

7と8に関しては、ルフトハンザビジネスラウンジではなく、エアフランスラウンジ(現在は改修中のため、アリタリア航空ラウンジ)を利用することができます。

1〜6のいずれかの条件を満たしていれば、もちろんエアフランスラウンジも利用することも可能です。

オヤジは今回はプレミアムエコノミークラスの利用でしたので、本来はルフトハンザビジネスラウンジは利用できないのですが、2のJALのサファイアステータスを持っていたので、利用することができました。

参考までに1,3,5のいずれかを満たしている場合は、ルフトハンザの上級ラウンジであるセナターラウンジを利用可能です。

詳細に関してはJALのオフィシャルサイトをご覧ください。

ジョン・F・ケネディ国際空港〔ニューヨーク〕ラウンジ(ラウンジサービス) - JAL国際線

ルフトハンザラウンジのロケーション

ルフトハンザラウンジは保安検査場を過ぎてすぐの左手にありますので、迷うことは無いと思います。

ルフトハンザラウンジロケーション

ルフトハンザラウンジは1階がビジネスラウンジ、2階がセネターラウンジです。

ルフトハンザビジネスラウンジ サービス概要

ルフトハンザビジネスラウンジのサービスを一覧にまとめます。。

ラウンジ種別 航空会社ラウンジ
営業時間 8:00〜1:45
プライオリティパス 利用不可
座席数 不明、さほど多くはない
マッサージチェア なし
仮眠室 なし
喫煙室 なし
キッズルーム なし
ロッカー なし
トイレ あり/ウオッシュレットなし
シャワー あり(無料)
TV あり
フリーWi-Fi あり
電源・USBポート 電源あり・USBポートなし
通話ブース なし
ビジネスコーナー あり
新聞・雑誌 あり
食事 あり(無料)
ソフトドリンク あり(無料)
アルコール あり(無料)
スパークリングワイン/シャンパン あり(無料)

ラウンジ内の様子

保安検査場を過ぎてすぐに左手の方向に進むとルフトハンザラウンジの入口が見えてきます。

ルフトハンザ入口

入口を入るとすぐに受付がありますので、航空券を見せれば利用手続完了です。

すぐにダイニングコーナーがあります。

ダイニングの奥にはソファー席がありますが、こじんまりとしており座席数はあまり多くはありません。

外に面した座席が多い上に、窓が大きく明るく開放的で、外の飛行機がよく見える点はプラスです。

ルフトハンザラウンジからの景色日本ではあまり見かけない航空会社も多いです。

ルフトハンザビジネスラウンジダイニングには雑誌と新聞も置かれています。

雑誌・新聞コーナーの奥にはリラクゼーションルームがあります。

リラクゼーションルームではテレビを見ることも可能です。

ドリンク・食事

次にドリンクと食事です。

ルフトハンザビール生ビールの種類は3種類あります。

ルフトハンザワインワインは赤・白・スパークリングとひと通り揃っています。上の青い便は炭酸水です。

ルフトハンザラウンジホットミールホットミールはお味は美味しいものの、種類はあまり多くはありません。

ルフトハンザラウンジミールハム、チーズ、果物ですが、こちらの品揃えもあまり多くはありません。

ルフトハンザ軽食いかにもアメリカンという体のスナック類です。

ルフトハンザ食事ビールが泡だらけになってしまいました。

まとめ

ルフトハンザビジネスラウンジはこじんまりとしたラウンジで、ドリンク・食事類の品揃えもさほど豊富ではありません。

ただ、窓が大きく開放的なため、居心地はかなり良いです。

また、ジョン・F・ケネディ国際空港ターミナル1自体があまり大きくないため、搭乗時間直前までラウンジでゆっくりできる点もメリットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました