ピックアップポイントの写真付き!ヒースロー国際空港でのUber(ウーバー)の乗り方

スポンサーリンク
UberX 交通手段

こんばんは。オヤジです。

ロンドン出張中にもUber(ウーバー)を最大限活用しました。

今回の記事では、Uberを利用する際に一番迷うピックアップポイントを中心にヒースロー国際空港でのUberの乗り方についてまとめます。

すでにジョン・F・K国際空港でのウーバーの乗り方の記事をご覧頂いただいた方や、ヒースロー国際空港でのピックアップポイントだけを知りたい方は目次の4だけをご覧ください。

Uber(ウーバー)について

Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車サービスです。

現在では世界70カ国・地域の450都市以上で展開しています。

アメリカ発祥の会社ですが、ロンドンでもUberはよく利用されており、出張中に何度か利用しましたが、いつも簡単に配車することができました。

Uberの登録方法

Uberを利用するにはスマートフォン用のアプリをダウンロードし、登録する必要があります。その際に、電話番号宛に認証用のSMSが届きますので、日本であらかじめ登録しておくことをおすすめします。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

支払いはUberに登録したクレジットカードから引き落とされます。基本的にはクレジットカードの登録も日本で済ませておくのが良いと思います。

余談ですが、私はロンドンではないのですが、パリで「支払い方法が無効です」というメッセージがでてUberを使うことができませんでした。

下記にUberのWEBサイトから関連する情報のリンクを貼っておきます。

支払いが拒否された理由を知りたい
アプリ上で以下のエラーメッセージが表示されている場合は、配車依頼前にお支払い方法の更新が必要です。アプリメニューの セクションでお支払い方法を更新するか、新たに追加してください。

Uberの乗車方法

事前準備

スマートフォンでデータ通信ができることが絶対条件になります。

フリーWi-Fiでも配車は可能ですが、現地のSIMやローミングでモバイル通信を利用するか、モバイルWi-Fiを手配したほうが安心です。

運転手と会えない場合にメッセージ等が届くことがありますので、フリーWi-Fiを利用する場合、ピックアップ・ポイントでフリーWi-Fiが使えるか確認しておくのがベターです。

ヒースロー国際空港のピックアップポイントはフリーWi−Fiが使えませんので注意が必要です。

Uberの手配方法

アプリを起動します。

Uberアプリ起動すると現在地周辺にどの程度配車可能な車がいるか確認することができます(写真はニューヨークでのキャプチャです)。

Uberロンドン「Where to?」に目的地を入れると配車可能なサービスの種類と見積もり価格が表示されますので、希望のサービスを選択します。

この日は2種類のサービスが表示されましたが、Uberの基本的なサービスは下記になります。

  • Uber X=一般的な配車サービスです。
  • Uber Black=黒塗りのハイヤーです。値段もUber Xよりも高くなります。
  • Uber Pool=ライドシェアです。目的地が同じ方向の他の人と同乗になりますが、価格は一番安いです。

基本的にはUber Xを選べば問題ありません。

車種を選択後、配車ボタンを押ししばらく待つと配車されたドライバー、車の情報と到着までの目安の時間が表示されます。

車が到着すると、ナンバープレートやドライバーの名前を確認し、間違いがなければ乗車します。

乗車中

道中も到着地までの見積価格と残り時間、現在地が表示されます。
*この章の写真もすべてニューヨークで利用した際のキャプチャです。

Uber道中何か問題が発生した時にはアプリの下の方にある、「Tap to access your safety Toolkit」のボタンをタップします。

Uberアプリ警察への緊急連絡等ができますので、何かあった時も安心ですね。

乗車後

目的地に着いた後は、ドライバーにお礼を言って降りるだけです。

あらかじめ登録されているクレジットカードから料金は引き落とされますので、支払いの必要はありません。チップもアプリ経由で払うことができます。

到着してしばらくすると、アプリに評価とチップを支払う画面が表示されますので、評価とチップの支払いを済ませると全てのプロセスは完了です。

チップはあらかじめ金額が3種類表示されますので、私はいつも真ん中の表示額を選択しています。

評価やチップの支払いは、登録しているメールアドレス宛に送られてくる領収書からも可能です。

ヒースロー国際空港のピックアップ・ポイント

Uberを利用する際に一番気を使うのがピックアップ・ポイントです。

特に空港はピックアップ・ポイントが指定されていますので間違えないようにしないといけません。

JALの発着するヒースロー国際空港ターミナル3のピックアップ・ポイントについてご紹介します。

ターミナル3

ターミナル3のピックアップポイントはShort Stay Car ParkのLevel3 Row Aです。

Uberロンドン

ピックアップポイントへの行き方

税関を過ぎて非制限エリアに出て左手の方に進みます。

UberロンドンピックアップポイントShort stay car parkはサインにも大きく表示されていますので、サインに従って移動します。

しばらく歩くとShort stay car parkにつながるエレベーターがありますので乗ります。ここで気をつけけていただきたいのが、このエレベーターはヒースロー国際空港の建物内にあり、Short stay car parkのものではありませんので、一つ上の階(Level1)に行き連絡通路を渡ってShort stay car parkに行く必要があります。

Uberピックアップポイントほぼ全て人がCar parkに行きますので、人の流れについていけば大丈夫です。

Short stay car parkで再度エレベーターに乗る必要があります。

Uberピックアップポイント人が多い上に、すべての人が多くの荷物をかかえていますので、遠慮しているとなかなかエレベーターに乗れません。ここは図々しく行動してください。

Level3に着き正面の出口から駐車場に出るととそこがRow Aです。

Uberピックアップポイント柱にRow Aと大きく書かれています。

Uberのメリットとデメリット

メリット

  • 評価制度がありますので、ドライバーの質がタクシーよりも良い(ことが多い)。
  • 行き先をアプリで事前に指定可能。
  • 支払いもアプリに登録されているクレジットカードから引き落とされるので準備不要。
  • 乗車前に料金の見積もりを確認可能。
  • ドライバーと会話しなくても乗車可能(英語に自信がない方でも問題なし)。
  • ロンドンではタクシーよりもリーズナブル。

デメリット

  • 通信手段を確保する必要がある。
  • 予約後5分以上経過してキャンセルすると、キャンセル料がかかることがある。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ロンドンでもUberは一般的ですし、ニューヨークと違い、すべての利用時にUberはタクシーよりも安い値段で移動することができました。

ぜひ、ロンドンに訪問の際にはUberを効率的に活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました