香港−羽田 ANAビジネスクラス搭乗記

スポンサーリンク
ANAB777-300ER 搭乗記
Kentaro Iemoto from Tokyo, Japan [CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)]

こんばんは。オヤジです。

香港への出張時には往復ともANAのエコノミークラスの利用予定でしたが、復路に関してはビジネスクラスにインボラアップグレードされました。

往路のエコノミークラスの搭乗記につづき、今回は香港から羽田までのANA便のビジネスクラスの搭乗記をお届けします。

ANA ビジネスクラスの特典

ANAのビジネスクラスでは以下のような特典を受けることができます。

  • 優先チェックインカウンター
  • 優先手荷物受取
  • 保安検査優先レーン(一部空港)
  • ANAラウンジ、もしくは提携ラウンジの利用
  • 優先搭乗
  • ビジネスクラス専用の食事・ドリンクサービス
  • ゆっくりとくつろげる座席
  • 大きな機内エンターテイメントスクリーンとノイズキャンセリングヘッドフォン
  • アメニティグッズ
  • カーディガン貸し出しサービス
  • 手荷物宅配サービス

詳細はANAのWEBサイトをご覧ください。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/inflight/guide/c/

マイレージの加算率

ANAのビジネスクラスのマイレージ加算率は125%です。

ANAカード非保持でマイレージクラブのステータスがない場合、東京−香港間は片道2,278マイル、往復で4,556マイルを獲得することができます。

ただし、ツアーやセールの場合は加算率は70%です。

機内設備とアメニティ

ANAの東京−香港路線は前回の記事で触れたようにANA運航便とエアージャパン運航便の2種類あり、使用機材が異なります。

詳細は下記の記事をご覧ください。

成田−香港 ANAエコノミークラス搭乗記
香港への出張時には往復ともANAのエコノミークラスを予約していましたが、復路が思いがけずビジネスクラスにインボラアップデートされたため、往路のみエコノミークラスの利用になりました。今回はANA香港便のエコノミークラスの搭乗記を機内設備やサービスなどを中心にお伝えします。

今回の説明はANA運行によるNH860 便についてです。

使用機材 Boeing777-300ER
座席配置 1-2-1
シートピッチ 約157.48cm
シート幅 約53.34cm
レッグレスト あり
フットレスト あり
モニターサイズ 17インチ
機内エンターテイメント 普通
読書灯 あり
電源 あり(ユニバーサルタイプ)
USBポート あり
機内Wi-Fi あり(有料)
ブランケット あり
スリッパ あり
その他アメニティ なし
(トイレに歯ブラシ、マウスウォッシュ、フェイスシートあり)

NH860ビジネスクラス座席の並びは1-2-1のスタッガード配列です。

NH860ビジネスクラススリッパ、ブランケット、ヘッドフォンがあらかじめ座席にセットされています。その他歯ブラシなどのアメニティ類は個人には配布されませんが、トイレにセットされています。

NH860ビジネスクラスモニターモニターサイズは17インチですので、十分な大きさがあります。

NH860ビジネスクラスモニターの下の四角い部分をプッシュするとUSBやユニバーサルタイプの電源を使うことができます。その下にある取っ手を引くとテーブルがでてきます。

NH860ビジネスクラス座席座席は当然フルフラットになります。オットマンの下の荷物置きスペースも広々しています。

NH860ビジネスクラス座席の横には書類などが置けるスペースがあります。奥には小物入れとカップホルダーがあり、搭乗中に使うものをまとめておくことができます。

サービス

ANA運行のビジネスクラスということで、非常にサービスレベルは高いです。

短い飛行時間でしたが、非常に快適に過ごすことができました。

機内食

離陸後、安定飛行に入るとドリンクがサーブされます。

NH860ドリンクシャンパンをいただきました。写真はありませんが、おつまみはビジネスクラス向けのあられです。

離陸後1時間ほどたつと食事がサーブされます。洋食と和食の2種類から選ぶことができます。

以下、実際の機内食をご紹介します。

2019年6月26日 HN860便

短距離路線ですので、ビジネスクラスとはいえすべての料理が一度で提供されます。

私がチョイスしたのは洋食です。メインのビーフシチューはもちろん、サラダや小鉢もどれも美味しかったです。

やや味付けが薄いですが、塩コショウが付いてますので、お好みに応じて味を調整することができます。

食後はコーヒーなどのドリンク類とアイスクリームをいただくことができます。

価格

今回はインボラアップグレードでしたので、実際には支払っていないのですが、ANAのWEBサイトでチェックすると往復15万円くらいから搭乗可能です。

ANA運行の便は往復でプラス1万円くらいです。1万円の差でしたら、機材の差を考えるとANA運行便のほうがお得な気がします。

総合評価

思いがけずビジネスクラスを楽しむことができました。

私は貧乏性のため、5時間未満のフライトは基本エコノミークラスで良いと考えていますが、ビジネスクラスはやっぱり良いですね。疲れ方が全く違います。

東京−香港路線はエコノミークラスとビジネスクラスで10万円くらい価格差がありますが、気にせずに乗れるよう稼げるようになりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました