タイ

スポンサーリンク
タイ

ドンムアン空港での空港泊は可能なのか?ドンムアン空港宿泊記

本日のタイトル通りドンムアン空港の空港泊が可能なのかについて紹介したいと思います。結論から言えば、タイトル通りドンムアン空港の空港泊は可能です。快適とは言い切れませんが、空港泊自体は全く問題ありませんでした。
タイ

成田ードンムアン スクート エコノミークラス搭乗記

私がバンコクに行くときに使ったことのある航空会社はタイライオンエアとスクートです。双方ともLCCですが、その二つを使った理由はもちろん価格が非常に安いからです。タイライオンエアは機内サービスが非常に充実していると感じましたが、スクートに関しては乗り心地及びCAなどのスタッフのサービスが良いと感じました。
タイ

スワンナプーム国際空港 タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジ訪問記

7月のバンコク出張の帰りには、タイ国際航空ロイヤルオーキッドラウンジを利用しました。 チェックイン時にアサインされたラウンジはMiracle Loungeだったのですが、Miracle Loungeは何度も利用したことがあったので、スターアライアンスゴールドメンバーの資格でロイヤルオーキッドラウンジを利用しました。 今回の記事ではスワンナプーム国際空港 タイ国際航空ロイヤルオーキッドラウンジの訪問記をお届けします。
タイ

バンコク スワンナプーム国際空港パーフェクトガイド〜出入国から空港内の施設まで

バンコクには2つの国際空港があります。以前の記事にまとめたLCCが就航するドンムアン国際空港とフルサービスキャップが就航するスワンナプーム国際空港です。7月のバンコク出張では、ANAを利用しましたので、スワンナプーム国際空港の発着です。 今回の記事ではスワンナプーム国際空港のガイドをお伝えします。
タイ

東京−バンコク ANAプレミアムエコノミークラス搭乗記

7月のバンコクに出張時にはANAを利用しました。往路はANAのプレミアムエコノミークラスを利用しました。復路はエコノミークラスでの利用でしたが、ANAの上級ステータスのおかげでプレミアムエコノミークラスに無償でアップグレードされ、往復ともプレミアムエコノミークラスを利用することができました。今回の記事は東京−バンコク間のANAプレミアムエコノミークラスの搭乗記をお届けします。
タイ

想像以上に安い!?1週間のタイ旅行にかかった費用を紹介

お金のない私にとって、東南アジアは経済的に非常に優しいからです。大学生にとって、この出費は非常に痛手です。一方、1週間のタイ旅行にかかった総額はたったの5万円です。しかもかなり贅沢もしました。節約すれば、4万円代も可能でしょう。さて、詳細が気になる方もいるでしょうし、ここからはタイ旅行でかかった費用を大公開したいと思います。
タイ

バンコク三大寺院の行き方・周り方(ワットプラケオ、ワットポー、ワットアルン)

ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルン・・・。聞いたことはあるけどどこにあるのか、どうやって行っていいのかわからない方もいるでしょう。そこで本日はバンコク三大寺院の行き方と効率の良い周りかたについてご紹介します。
タイ

アユタヤ歴史公園完全ガイド−バンコクからの行き方と必見スポット7選

ゴールデンウィークのタイ旅行の最大の目的は世界遺産に登録されているアユタヤ観光です。アユタヤはバンコクから日帰りで行くことが可能ですので、多くの観光客が訪れています。今回はバンコクからアユタヤへのアクセスとアユタヤで絶対に見逃せない遺跡7選をお届けします。
タイ

抜群の立地!ホリデイ・イン バンコク スクンビットはバンコク観光におすすめ!

ゴールデンウィークのバンコク旅行ではホリデイ・イン バンコクスクンビットに宿泊しました。 IHGのエリートステータスを持っているので、IHG系列のホテルを利用することが多いのですが、ホリデイ・インはリーズナブルな上に品質も安定していますので、選択することが多いのですが、今回のホリデイ・イン バンコクスクンビットも非常に立地が良い上に室内のクオリティも高く快適に過ごすことができました。以下、詳細をご紹介します。
タイ

コストパフォーマンス抜群!成田−バンコク タイライオンエア プレミアムエコノミークラス搭乗記

令和最初のフライトに選んだ航空会社と座席はタイライオンエアのプレミアムエコノミークラスです。タイライオンエアのプレミアムエコノミークラスはLCCとは思えないほど設備、サービスが充実していました。特に座席はフルサービスキャリアのプレミアムエコノミークラスを遥かに凌駕しており、一世代前のビジネスクラスの座席で非常にコストパフォーマンスに優れています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました