シンガポール

シンガポール

シンガポール チャンギ国際空港の「宝石」ジュエル徹底ガイド

シンガポール・チャンギ国際空港に位置する複合施設「ジュエル(Jewel)」は、空港施設とは思えないほどの豪華さと自然が融合した、その名の通り宝石のような場所です。2019年4月にオープンして以来、世界中から注目を集めています。今回の記事ではジュエルについて見どころから便利なサービスまで分かりやすくお届けします。
マレーシア

ジョホールバルからシンガポールへバスで移動する方法

2023年11月にジョホールバルからシンガポールへ陸路で国境越えしました。シンガポールからジョホールバルへの移動方法はいくつか他のブログ記事を見かけましたが、ジョホールバルからシンガポールはほとんど見かけませんでした。初めての場合、分かりづらい点もありますので、今回の記事で詳細をお伝えします。
シンガポール

携帯アプリ MyICAを利用したシンガポール電子入国カードの提出方法を写真付きで分かりやすく解説します

シンガポールでは、2020年3月から紙の入国カードが廃止され、電子入国カード(SG Arrival Card)の提出が義務化されました。今回の記事では、携帯アプリMyICAを利用した電子入国カードの提出方法を写真付きで詳しく解説します。
スポンサーリンク
シンガポール

【プライオリティ・パス】チャンギ国際空港 第4ターミナル ブロッサム・ラウンジ訪問記

チャンギ国際空港 第4ターミナルにあるプライオリティ・パスで利用できるブロッサム・ラウンジがあります。2023年11月のペナン旅行の際に、乗り継ぎの時間を利用しこのラウンジを訪問しましたので、詳細や感想をお届けします。
シンガポール

チャンギ国際空港第4ターミナル スヌーズラウンジで空港泊しました

2023年11月のペナン旅行の際には、シンガポールに深夜着し、翌朝6時にペナン発の便に乗るため、ホテルを利用せずに、スヌーズラウンジを利用し空港泊しました。この記事では、チャンギ国際空港第4ターミナルのスヌーズラウンジを実際の体験に基づきご紹介します。
シンガポール

シンガポール チャンギ国際空港第4ターミナルに他のターミナルから入国せずに移動する方法

2023年11月にペナンに行きましたが、シンガポールでトランスファーしました。シンガポール到着便は第1ターミナルでしたが、ペナン便は第4ターミナル発でした。 第4ターミナルは新しいため第1ターミナルから入国せずに移動できるか情報が少なく不安でしたが問題なくできました。ただ、注意点もあります。 今回の記事では第1ターミナルから第4ターミナルに入国無しで移動する方法についてご紹介します。
シンガポール

ZIPAIR 成田 ⇔ シンガポールStandard席搭乗記〜フルサービスキャリア並みの旅行体験を手軽な価格で

2023年11月にマレーシアのジョージタウンを訪問しましたが、その際にシンガポールまでZIPAIRを利用しました。 初めてのZIPAIRの利用でしたが、想像以上に快適でフルサービスキャリアと同等の旅行体験だと感じました。以下に詳細をご紹介します。
ビジネスクラス

シンガポール−東京 JALビジネスクラス搭乗記

ゴールデンウィークのシンガポール旅行の帰路にはJALのビジネスクラスを特典航空券で利用しました。JALの特典航空券は片道だけでも発券できるので、非常に使い勝手が良いですね。今回はシンガポール−東京間のJALビジネスクラスの搭乗記をお届けします。
シンガポール

チャンギ国際空港第1ターミナル JAL指定 Marhaba(マルハバ、旧dnata)ラウンジ訪問記

シンガポールから日本への帰国時に特典航空券でJALのビジネスクラスを利用しました。JAL便搭乗の際に条件を満たした方はチャンギ国際空港第1ターミナルのDnata(ディナタ)ラウンジを利用することができます。今回の記事ではチャンギ国際空港第1ターミナル ディナタラウンジ訪問記をお届けいたします。
シンガポール

成田−ドンムアン経由−シンガポール行き スクートビズ搭乗記

平成最後の旅行としてシンガポールに行ってきました。往路と復路で違う航空会社を利用しましたが、往路はスクートのビジネスクラス スクートビズを利用しました。スクートビズはもちろん、スクートもはじめての利用です。LCC自体、数年前にバニラエアを利用して以来、2度目の利用です。今回の記事では成田−シンガポール間のスクートビズについてまとめます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました